育児中の疲労、倦怠感、更年期、生理痛、生理不順、不妊、などでお悩みの女性には特に安心です!中国北京中医研究院認定の女性鍼灸師:こんなあなたのために
症状例
マッサージ
鍼灸の適応例 WHO(世界保健機関)
一般に鍼灸療法は、肩こり、腰痛、神経痛、関節炎などしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気にも効果的であることが明らかになっています。NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果について有効であるとしています。WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次のようなものを挙げています。
1 神経系疾患 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー、ほか
2 運動器系疾患 関節炎・リュウマチ・頚肩腕症候群・頸椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)、ほか
3 循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ、ほか
4 呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防、ほか
5 消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾、ほか
6 代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血、ほか
7 生殖・泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎、ほか
8 婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊、ほか
9 耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴り・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎、ほか
10 眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・ものもらい、ほか
11 小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質改善、ほか

●女性の身体について

  • 鍼灸の効果

    鍼灸には、ツボを刺激することにより経絡の流れを良くし、全身の気・血の循環を促して、生命力を回復させる効能があります。特に、女性は子宮内にお血(体内に停滞した汚れた血液)がたまりやすく、冷えや月経障害の原因にもなります。
    鍼灸治療により、このお血の排出を促し、骨盤のゆがみを調整し、骨盤内の血流を良くして、子宮・卵巣の機能を高めることができます。月経不順、不妊症でお悩みの方には特に効果的です。お血を除去し血流が良くなるだけでなく、心身の全体の調和がとれ、本来持っているエネルギーがパワーアップすれば、月経障害以外の様々な症状(腰痛、肩こり等)も緩和し、生殖ホルモンも活発になり、妊娠しやすい体へとつながります。


  • 自宅療法(施灸・体操)のすすめ

    女性特有の病気や妊娠・出産、不妊症の方には、自宅での施灸をすすめています。特に、不妊症の方には、来院施術の他、必ず自宅での療法を指導させて頂いております。
    また、患者様の日頃の生活の一部に、お灸・骨盤調整を目的とした柔軟体操を自宅での療法として取り入れて頂きたく、当院では患者様と一緒により良い身体作りに励むため、不定期ですがお灸と体操の教室を開催予定しております。
    (詳細につきましては「祥華からのお知らせ」または「院長ブログ」にて順次ご案内して参ります。)


| ホーム | 祥華ご案内 | 祥華からのお知らせ | 院長のプロフィール | 施術の流れと施術内容 | よくある質問 | 患者様の声 |
| こんなあなたのために | 料金・場所 | お問い合わせ | リンク |
(c) copyright 2014- Syouka Oriental Heal. All Right Reserved.